« 『やはりそうなのか』 | トップページ | 「10割負担してください」 »

2024年7月 1日 (月)

注目の次月の請求書

2018年7月4日に母が『老健』に入所した際、「ここでは健康保険が使えない」と言われました。

そして数ヶ月後に母は病院に入院し、再び施設に戻って来た後は、施設から病院に通院することになりました。

そうすると、通院の際の費用はどうなるのか心配になりました。

その後、ついに母が病院に行く日が来ました。

その日施設からは、病院では会計をすること無くそのまま施設に戻るように、との指示がありました。

退院後の母は施設で普通に過ごしていて、体調も良さそうでしたのであまり心配はしませんでした。

ただ『費用はどうなるのだろうか?』という不安は付きまとっていました。

診察の結果は、私が思っていたとおり、母の体調は退院後も安定しているということでした。

そして検査のデータと薬の処方箋を受け取って、それをそのまま施設の看護師さんに渡しました。

その際も私の方からは費用のことは口に出しませんでした。

そして結局、診察費のことは次月の施設の請求書を見るまで分からないということになりました。

その結果、診察費は施設から請求されてはいませんでした。

« 『やはりそうなのか』 | トップページ | 「10割負担してください」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『やはりそうなのか』 | トップページ | 「10割負担してください」 »

最近の写真