« 今年の桜 | トップページ | 格好を付ける »

2024年4月18日 (木)

遠慮しすぎ

今年も桜が散るとすぐに暑くなりました。

このところ毎年のようにそんな陽気が続いています。

昨日の記事にも記しましたが、私は早くから母を散歩に連れて行くことを考えていて、それに相応しい快適な気候を求めていました。

ところが2019年も暖かくなって桜が咲き、桜が散ったと思ったらすぐに暑さを感じるようになりました。

そのため初めて母を散歩に連れて行ったのが、この年の10月になってしまいました。

最初の時、母にはかねて散歩のことについて話をしていたので、とても楽しみにしていたようでした。

そして施設の周囲を散歩して戻って来たとき、母は「気分が良かった」と喜んでくれました。

また「みんなも行けばいいのに」とも言っていて、確かにその通りなのですが、そのためには親族が頑張らなければいけません。

結局、母との散歩は11月にも2回行きましたが、母は毎回楽しそうにしてくれました。

そんな母の表情を思い出しては『もっと早くから行けば良かった』と、尚更後悔してしまいます。

そんなわけで私の介護の経験からのアドバイスは、『できることは何でもしてあげた方が良いですよ』ということです。

もちろん人それぞれですから、本人の希望に応えることが大切ですが、介護する方が遠慮しすぎる必要はないように思います。

« 今年の桜 | トップページ | 格好を付ける »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の桜 | トップページ | 格好を付ける »

最近の写真