« 低血糖の心配なし | トップページ | 『最後の桜』 »

2024年4月13日 (土)

来年の桜

今年は3月に寒い日が多く、桜の開花が遅くなりました。

そのため、珍しく4月の中旬になってもまだ桜の見頃が続いています。

30年近く前、私が『そうだ、京都行こう』と考えて、修学旅行以来の京都旅行に行ったのも4月中旬のことでした。

その年も桜が咲いてから寒い日が多く、私が京都に着いた時にまさに見頃になりました。

その日に最初に行った嵐山で満開の桜を見たこともあって、私はその後毎月のように京都に行くようになりました。

ただ桜は毎年咲きますし、その度にどこか高揚感はありますが、この時のように毎年の桜が印象的なわけではありません。

私にとっては嵐山で見た満開の桜が、今でも一番記憶に残っているものの一つに間違いありません。

ところで母が90歳の年、2018年の3月23日に母が椅子から落ちて脚を痛めました。

そして3月27日に、私が母に「桜を見に行こうか」と誘うと、脚が痛そうな母は予想外にも同意してくれました。

最寄りの駅付近の桜並木は満開でしたが、助手席の母はずっと静かで、どこまで桜を楽しめたのかは分かりません。

もしかすると母も私と同様に『来年の桜も見ることができるだろうか?』と考えていたのかもしれません。

もちろん私にとって、この年の桜も忘れられないものとなっています。

« 低血糖の心配なし | トップページ | 『最後の桜』 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低血糖の心配なし | トップページ | 『最後の桜』 »

最近の写真