« テーブル上のヤクルト | トップページ | 母と介護保険 »

2024年2月22日 (木)

最初は要支援1

2015年11月に母を介護するために休職をした私は、6ヶ月後に退職をして母が施設に入所するまで、2年半ほど家で母を介護しました。

介護といっても母の場合は、通院の付き添いや買い物など外出することが主で、家中では食事の管理くらいでした。

このきっかけになった2015年11月に介護認定をして、ベッドや車椅子とトイレの手摺りのレンタルが始まったのでした。

ただ、それ以前に2009年のことだったと思いますが、母は最初の介護認定をしてもらっています。

この時は、母が足元が不安だということでお風呂に入らなくなったので、介護保険で浴用の椅子を買うためでした。

当時の母は外出時に杖をついて歩いていた程度でしたので、結果がどう出るか少し不安もありました。

その結果は要支援1ということになって、無事に椅子は1割の負担で買うことができました。

ところで、この時に私が介護認定をして介護保険を使うということを知っていたのは、この年に亡くなった父の経験からでした。

父が入院して手術をした後、いくらか体調が持ち直した際に医師から「次の行き先を考えてください」と言われました。

その時はこの言葉の意味が理解できなかったのですが、早い話が「自宅に帰るか施設に入れるか」ということになります。

そのために、とりあえず父が介護認定を受けたわけですが、当時私の周辺には介護保険のことを知る人はほとんどいませんでした。

ただ、この時に介護保険に触れたことで、母の時には必要な手続きがなんとなく理解できるようになっていました。

« テーブル上のヤクルト | トップページ | 母と介護保険 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テーブル上のヤクルト | トップページ | 母と介護保険 »

最近の写真