« 「ずっと寝ていて、具合が良くない」 | トップページ | 92回目の誕生日 »

2023年11月18日 (土)

ベッドを起こしていた理由

4年前の2019年11月18日は晴れで21℃の月曜日、母が最後の入院をして8日目、午後3時40分ころ病室に面会に行きました。

入院の2日目には脚のむくみは無くなり、3日目には食事も出て、これまでの入院時と同様に順調に回復しているように見えました。

4日目には4人部屋に移っていましたが、私は心電図にイヤな波形を見つけて、少し不安に思い始めていました。

5日目はほとんど寝ていたようで元気が無く、うつろな目で話をすると頻繁に酸素不足のアラームが鳴っていたのが気になりました。

6日目はいくらか元気になって話もできましたが、『痰の検査をして、死ぬ思いだった』などと、多くの検査をしたと話していました。

前日の7日目は再び調子が悪そうにしていて、上半身のむくみがなかなか取れないのではないかと、私は考え始めていました。

そして8日目は姉が面会に来てくれましたが、母はベッドを半ば起こした状態で眠っていました。

目を覚ました後にはいろいろ話をして、記憶もしっかりしていましたが、話し続けると酸素不足のアラームが何度も鳴っていました。

部屋に来た看護師さんも「寝かせると酸素量が下がってしまう」と言っていて、ベッドを起こしていた理由が分かりました。

それでも母は、話をしているうちに元気が出て来て、カーテンが開いている東向きの窓を見て「ずっと天気でいいよ」と笑っていました。

そして「外に行きたいなぁー」と、鼻に酸素吸入のチューブを入れたまま、少し息苦しそうな声で気持ちを吐露していました。

帰り際に手を握ると、母は珍しく私の手を「暖かいね」と言い、姉の「また来ます」という言葉に「ありがとう」と答えていました。

« 「ずっと寝ていて、具合が良くない」 | トップページ | 92回目の誕生日 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ずっと寝ていて、具合が良くない」 | トップページ | 92回目の誕生日 »

最近の写真