« 曾孫と遊ぶ | トップページ | 血圧測定も問題なし »

2023年10月20日 (金)

毎日が楽しそう

4年前の2019年10月20日は曇りで23℃の日曜日、母が施設に4回目の入所をして84日目、午後3時30分ころ面会に行きました。

8月中旬ころから母が体調不良の日が多く、検査して塩分不足が指摘されたため、『ふりかけご飯』を食べ始めることになりました。

母はその『ふりかけご飯』をとても気に入って食事の量も増え、9月下旬には体調の良化が感じられるようになりました。

ただ、体調の良化に精神的な状態が追いつかず、気持ちの落ち込みはなかなか改善されずにいました。

それが10月に入ると精神的にも落ち着いてきて、母は小さい声ながらも口数が増えて、普通に笑顔が出るようになってきていました。

前日は姪と曾孫たちが遊びに来てくれて、母もたくさん食べたり話をしたりと元気に過ごしていました。

この日の母は食堂のいつもの場所にいて体調も良さそうで、話しかけると「昨日の疲れはほとんど無い」と笑顔で答えてくれました。

そして「大根の煮物や海苔巻きなどを食べられて良かった」と、本当に嬉しそうな表情をしていました。

また、曾孫が誕生日のプレゼントとして贈った鉄道模型を気に入ってくれて、なおかつそれで一緒に遊べたことを喜んでいました。

この日は日曜日なので一日まったりと過ごしたようでしたが「今朝、爪を切ってもらった」と、こちらも嬉しそうに笑っていました。

着替えの際の車椅子とベッドとの移動もスムーズで、腿上げ20回は「15~16回くらいでしんどい」と言いながらも良く上がっていました。

このころの母は鬱状態のような前月までとは変わって笑顔が良く出て、体力的にも回復してきて毎日を楽しんでいるように見えました。

« 曾孫と遊ぶ | トップページ | 血圧測定も問題なし »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曾孫と遊ぶ | トップページ | 血圧測定も問題なし »

最近の写真