« 高い血圧でも元気に入浴 | トップページ | 短冊に書いた願い事 »

2023年6月28日 (水)

「相変わらず顔が丸い」

4年前の2019年6月28日は曇りで30℃の金曜日、母が施設に3回目の入所をして85日目、午後4時10分ころ面会に行きました。

母は食堂のいつもの場所でラジオを聴いているようで、挨拶をすると「歌劇をやっている」と言いました。

ラジオがFMになっていたようで、珍しいものを聴いていました。

この日も着替えをしながら話をしようと部屋に行くと、外が蒸し暑いからかエアコンが効いていて室内は快適でした。

着替えが一通り終わると、前日高い値が出て気になっていた血圧を測ってみました。

この時の値は184/79で、前日ほどではありませんでしたがやはり少し高めでした。

もちろん母は気分が悪いということはなく、いつも通り元気な上、むくみもほとんどなく体調は良さそうでした。

母の話では、この日はリハビリも無くまったりと過ごして、暇な時間にタオル折りをしたくらいだったということでした。

最後に、前日姪から送られてきた母にとっての曾孫の新しい動画を4本立てで見せてあげました。

これらを母は涙ぐみながら見ていたので、私は母に「お礼の動画を撮ろうか」と提案しました。

母が姪に対してお礼の言葉を述べる動画を撮った後に、それを母に見せると「相変わらず顔が丸い」と、自分の顔の感想を言っていました。

そして「このごろ幼気な子供を見ると涙が出る」と呟いて、「悪口を言わないからいいね」と言いながら笑っていたのが印象的でした。

« 高い血圧でも元気に入浴 | トップページ | 短冊に書いた願い事 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高い血圧でも元気に入浴 | トップページ | 短冊に書いた願い事 »

最近の写真