« 生きていれば114歳 | トップページ | 笑顔の母が待つ日々 »

2023年6月19日 (月)

「サッサといい加減に書いた」

4年前の2019年6月19日は晴れて28℃の水曜日、母が施設に3回目の入所をして76日目、午後4時10分ころ面会に行きました。

母は食堂のいつもの場所にいましたが、半分居眠りをしているような様子に見えました。

そのためか少し元気がないような感じがしていましたが、この日も話を続けるうちに徐々にいつもの調子が戻ってきました。

聞いてみると、昼寝から起きると習字をやっていて、母も書いたところ「上手く書けなかった」と、少し気落ちしていたようでした。

また、この日も朝一でリハビリに行ったことを教えてくれました。

気になったのが、声が少し掠れていたのと右目が少し腫れていたことで、これは寝起きから間もなかったからだったのでしょう。

その後部屋で着替えをすると、背中が汗ばんでいましたが傷などはなく、きれいな背中をしていました。

脚のむくみなどもほとんどなく、体調は全体的に問題はないようでした。

このところ暑い日が続いていたので、前日リクエストされたゼリーを持っていくと、母は美味しそうに3口ほど飲んでいました。

また、改めて習字について尋ねてみると「2~3枚書いたけど、何を書いたのか覚えていない」と言っていました。

それに続けて「お手本はいっぱいあったけど、サッサといい加減に書いた」と、あまり満足していない表情で話していました。

最後に、このころ楽しみにしていた夕焼けについて聞くと「見た、きれいだった」と前日を振り返って、やっと母の笑顔が見られました。

« 生きていれば114歳 | トップページ | 笑顔の母が待つ日々 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きていれば114歳 | トップページ | 笑顔の母が待つ日々 »

最近の写真