« 血圧を測ってみると | トップページ | 「スイカを食べた記憶はない」 »

2023年6月 9日 (金)

海苔巻きも飲み込める

4年前の2019年6月9日は曇りで19℃の日曜日、母が施設に3回目の入所をして66日目、午前11時15分ころ面会に行きました。

日曜日ということで昼食を持って母のフロアに行くと、母は食堂のいつもの場所にいました。

9階の面会室に行く前に薬を飲み、トイレも済ませておきました。

この日の母は、まずカットスイカを一切れ食べてから、お赤飯と海苔巻きを食べました。

母は歯がないのでウチにいた頃は、海苔を噛み切れずに口から出したりしていましたが、なぜか施設では海苔巻きも飲み込めていました。

ここまでで母は「お腹がいっぱいになってきた」と言いましたが、ここから思った以上にたくさん食べてくれました。

母が好きながんもの煮物や、カボチャやナスの煮物もおいしそうに食べていました。

その間時々くしゃみをしたり痰が絡んだりしていて、私は『やはり風邪をひいたのかな』と、少し心配になりました。

ただ、その後もウチから持って行ったトマト、キウイやほうれん草のお浸しを「おいしい」と言いながら食べていました。

たくさん食べた後に「トイレに行きたい」と言うので母のフロアに戻ると、職員さんにトイレに連れて行ってもらいました。

トイレから出てきた母は「たくさん出た」と喜んでいて、その後は話し声も一層元気になっていました。

気になる血圧は142/56で問題なく、むくみなども気になりませんでしたが、喉の調子がどうなるのかが心配な点でした。

« 血圧を測ってみると | トップページ | 「スイカを食べた記憶はない」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 血圧を測ってみると | トップページ | 「スイカを食べた記憶はない」 »

最近の写真