« 「スムースに出た」 | トップページ | 「一番良い桜を見た」 »

2023年4月12日 (水)

「『頭がカッコイイ』と言われた」

4年前の2019年4月12日は曇りで13℃の金曜日、母が施設に3回目の入所をして8日目、午後3時40分ころ面会に行きました。

母はいつもの場所にいて、「おやつを食べてトイレに行くのを待っている」と言っていました。

便通は「朝少しあった」そうで、その他にも時々出ているということで、体調は良さそうでした。

「便座が暖かくていいけど、ずっと座っていると脚が痛くなる」と、苦笑いをしながら続けて言いました。

そしてこの日は朝一でリハビリがあり、そのためか昼寝がよく眠れたと嬉しそうに話してくれました。

また、「リハビリにも慣れてきた」「最後に立って横に1、2歩歩いた」と、好きなリハビリを振り返っていました。

それから前日の夕方に髪を切ってもらったそうで、「髪が少なくなった」と笑顔で言いました。

「皆が『頭がカッコイイ』と言ってくれた」と喜んでいて、そのために帽子を外していたようでした。

そこで写真を撮って母に見せてあげると、「顔がでかいね」と、髪とは関係ない自分の顔の感想を述べていました。

また、髪と一緒に顔を剃ってもらったそうで「だいぶ寒いよ」と、スッキリした襟足と顔がひんやりしている様子でした。

それでも髪がサッパリして気持ち良かった上、皆に「カッコイイ」と褒められて、この日の母はいつも以上に上機嫌で話をしてくれました。

退院後すぐに頼んだ整髪でしたが、母は「昨日の夕方、最後にやってもらった」と、本当に嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした。

« 「スムースに出た」 | トップページ | 「一番良い桜を見た」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「スムースに出た」 | トップページ | 「一番良い桜を見た」 »

最近の写真