« 最後に入浴 | トップページ | 『穴子寿司』に気が逸る »

2023年4月19日 (水)

「穴子寿司、楽しみだね」

4年前の2019年4月19日は晴れて24℃の金曜日、母が施設に3回目の入所をして15日目、午後4時ころ面会に行きました。

母は食堂のいつもの場所にいて、どこか眠たそうな元気の無いような表情をしていました。

まず私が「ウンチ出た?」と、前日座薬を入れた母に挨拶代わりに言うと、母は「出過ぎた」と苦笑いをしていました。

母の部屋に行ってその続きを聞くと、座薬が効いたようで、トイレで出した後に昼寝をしている間にも出てしまったということでした。

おそらくその経過からして、この日は昼寝をする時間がかなり短くなったのでしょう。

なんとなく母に元気が無く、眠たそうな表情をしていた訳が分かったような気がしました。

それでも母は「全部出て、お腹が軟らかくなった」と、安心したように笑っていました。

この日は午前中にリハビリがあったそうで、何とこの週は3回リハビリをやったことになりました。

また、前日見つけた習字の作品について尋ねると、母は「筆の具合が良くなかった」と少し不満そうに話していました。

そして、今度の日曜日の昼食に「穴子寿司を持ってくるよ」と伝えると、母はとても喜んでくれました。

この日は最初、便通のことが気になって心配していたのか静かな感じの母でした。

それでも話をしているうちに声も元気になってきて、最後は「穴子寿司、楽しみだね」と満面の笑みでした。

« 最後に入浴 | トップページ | 『穴子寿司』に気が逸る »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後に入浴 | トップページ | 『穴子寿司』に気が逸る »

最近の写真