« 感染症の兆候? | トップページ | やっと開いた瞼 »

2023年3月22日 (水)

「明日、花見に行こう」

4年前の2019年3月22日は晴れて24℃の金曜日、母が3月7日に入院して16日目、この日は午後4時15分ころ面会に行きました。

前2日の母の調子があまり良くなかったので、心配な気持ちを引きずりながら病室に入ると、母は窓側を向いて横になっていました。

ラジオを聴きながら起きていたようで、私が声を掛けると「子供の自殺についてやっている」と、ラジオ番組の内容を説明してくれました。

この時は珍しく大相撲中継以外のものを聴いていて、意識もハッキリしていて顔色も良好で元気がありました。

この日の話を聞いてみると、朝から食事のために広間に行ったものの「しばらく放って置かれた」と笑っていました。

その後は看護師さんたちと「明日、神宮方面に花見に行こう」などと話をして盛り上がったとも話していました。

そういう楽しい会話もできたので、3日ぶりに元気だったのかもしれません。

また、暑くなったこの日にパジャマとシーツを交換してもらったそうで、気持ちが良かったこともあったのでしょう。

そして、食欲が無さそうだったので持って行ってあげたゼリーも、美味しそうに2口ほど飲んでくれました。

最後に帽子を交換して、ラジオを大相撲中継に合わせてあげました。

この日は面会前の不安な気持ちが拍子抜けするくらい、母は久しぶりに元気でした。

翌日も元気な母に会えるか不安はありましたが、とりあえずこの日は帰りの足取りは軽く、夜はよく眠れたように覚えています。

« 感染症の兆候? | トップページ | やっと開いた瞼 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感染症の兆候? | トップページ | やっと開いた瞼 »

最近の写真