« 『間に合いそうだな』 | トップページ | 左脚の細さ »

2023年3月17日 (金)

母のトレードマーク

4年前の2019年3月17日は曇りで14℃の日曜日、母が3月7日に入院して11日目、この日は午後3時40分ころ面会に行きました。

母は前日に移った4人部屋のベッドに横になっていましたが、主治医が話していたとおり点滴は取れていました。

それでも血圧計などの計器はまだ付けたままになっていました。

母は「ラジオが聞こえない」と退屈そうにしていました。

見てみると、イヤホンのコードが絡んでいたのでそれを直して、ついでに電池も替えておきました。

母は目や耳の状態は良さそうでしたが、寝たまま話をしているからか鼻が詰まったような声で話していました。

そして相変わらず、時々血圧計が動いて母の血圧を測っていました。

この日は150/65と表示されて、主治医が言っていたように薬のおかげなのでしょう、あまり心配しないでよい数値でした。

日曜日ということでまったりと過ごしていて、看護師さんと写真を見たりして楽しんだということでした。

また、食事は車椅子で広間に行って食べているそうでしたが、母は「まだ便通がないけど、苦しくはない」と余裕がある様子でした。

帽子を緑色のものから茶色に替えてあげると大相撲中継の時間になったので、母は楽しみにしていたラジオを聞き始めました。

『帽子とラジオ』、ある看護師さんが母のトレードマークだと言っていたことを思い出しました。

« 『間に合いそうだな』 | トップページ | 左脚の細さ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『間に合いそうだな』 | トップページ | 左脚の細さ »

最近の写真