« 『間に合わないかなぁ』 | トップページ | 元気になった証拠 »

2023年3月27日 (月)

「巨人と広島だね」

4年前の2019年3月27日は晴れて20℃の水曜日、母が3月7日に入院して21日目、この日は午後3時40分ころ面会に行きました。

病室に入ると母はこちら側を向いて横になっていて、目は開いていました。

挨拶をすると話し始めましたが「誰もいない」とか「整理しようと思っていた」などと、よくわからないことを口にしました。

その表情を見ると、少し前まで眠っていてまだ夢の中だったような感じがしました。

また、この日もまだ感染症の影響でカーテンで隔離されていて、誰の話し声も聞こえないので不安だったようでした。

それでも話をしているうちに「お昼の玉子焼きがおいしかった」と、少しずつ意識もハッキリしてきました。

他には看護師さんたちと「桜を見に行こう」などと話をしたことも教えてくれました。

ただ、簡易的とはいえ隔離されているだけあって「ずっと静かだった」、「夜中に起きた」と寂しがっていた様子もありました。

病院でこのような状況になると、いわゆる『せん妄』に注意しないといけないと、あらためて感じました。

そして、この日は暑い日でしたが、母はレッグウォーマーを着けている上に靴下まで履いていて、暑くないのかなとも思いました。

ただ、横になったまま話したからか母は終始鼻声でしたが、話しぶりは元気で声も良く出ていました。

最後にプロ野球が金曜日から始まることを伝えると、母は「巨人と広島だね」とすでに知っていて、意識もしっかりしていました。

« 『間に合わないかなぁ』 | トップページ | 元気になった証拠 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『間に合わないかなぁ』 | トップページ | 元気になった証拠 »

最近の写真