« 「太鼓、大阪」 | トップページ | 母のトレードマーク »

2023年3月16日 (木)

『間に合いそうだな』

4年前の2019年3月16日は曇り一時雨で13℃の土曜日、母が3月7日に入院して10日目、この日は午後3時40分ころ面会に行きました。

私がいつもの個室に入るとそこのベッドに母がいないので、ちょうど見かけた看護師さんに尋ねました。

その看護師さんによると、母は4人部屋に移ったということで案内してくれました。

母は東側の窓に向いたベッドに横になっていて、ちょうど寝起きだったようでした。

私の顔を見ると、少し寝ぼけたような声で「ご飯食べたのかな?」と尋ねてきました。

母の話では、食事はテレビのある広間で食べているそうで、昼食後に部屋を移ったのではないかと私は思いました。

順調に回復をしているので4人部屋に移ったのでしょうが、まだ点滴はつながれていました。

また、心臓のあたりには3本のコードの付いた小さな器械が付けられていました。

そこに主治医が現れ「血圧はまだ高いですが、回復してきたので明日点滴を取ります」と、説明をしてくれました。

ただ、その代わりに飲み薬としての利尿剤が増えるとも言っていました。

個室に入院したものの4人部屋に移動できて点滴も外せるというので、桜が見頃になる頃には退院できるのかなと、私は思いました。

花好きの母は毎年桜を楽しみにしていましたから『間に合いそうだな』と、私は安心しました。

« 「太鼓、大阪」 | トップページ | 母のトレードマーク »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「太鼓、大阪」 | トップページ | 母のトレードマーク »

最近の写真