« 「怖いよ、あれ」 | トップページ | 温かい歓迎の言葉 »

2022年11月26日 (土)

退院、再び『老健』へ

4年前の2018年11月26日は晴れて18℃の月曜日、母が入院して18日目、いよいよ母が退院して再び『老健』に入所する日になりました。

まず『老健』で母を乗せる車椅子を借り、それとともに母の病室に向かいました。

病室のベッドに横になった母は既に着替えていて、荷物もまとめてありました。

看護師さんが縫い直してくれたちゃんちゃんこを着ていて、胸には母の名前とウサギが刺繍してありました。

その後主治医が来て、12月6日が最初の通院予定との話があり、ナースステーションにはリハビリの先生の姿も見かけました。

母は前日同様に少し元気がない感じで、お世話になった皆さんとお別れすることが寂しそうな様子でした。

施設に移るとフロアの医師から母の病状の説明があり、心臓の弁膜の働きがあまり良くなく、治癒のためには手術しかないとのことでした。

年齢を考えると、そのまま寿命を迎える方がいいだろうという話でしたが、定期的な通院は認められることになりました。

母は以前使っていた部屋の同じベッドで寝ることになりましたが、しばらく離れていた環境に少し緊張しているような感じでした。

その後私は一旦帰ってから、以前と同じように午後3時45分ころ施設に面会に行きました。

ちょうど9階の面会室では展示会が行われていて、母の折鶴や習字の作品などが飾られていました。

この展示会を楽しみにしていた母は、作品とともに写真に納まってくれましたが、この日は笑顔は出ずに緊張気味の表情になりました。

2018年11月26日

« 「怖いよ、あれ」 | トップページ | 温かい歓迎の言葉 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「怖いよ、あれ」 | トップページ | 温かい歓迎の言葉 »

最近の写真