« 息子の虐待? | トップページ | 見事な夕景に「すごい」 »

2022年10月29日 (土)

お風呂上り

4年前の2018年10月29日は晴れて23℃の月曜日、母が施設に入所して118日目、午後3時45分ころ面会に行きました。

月曜日なので『お風呂かもしれない』と思いながらも早めに行くと、やはり母は入浴中とのことでした。

それも、おやつを食べてから行ったそうで本当の最後ということで、9階の面会室に行って待っていることにしました。

お風呂場は9階の角にあるので、その前の長椅子で待っていると母が現れました。

この日は外も暑いくらいでしたが、室内も暑かったので母に冷水を渡すと、すぐに3~4口飲みました。

母は満足そうな表情で「お風呂上りの冷たい水はおいしいね」と笑顔で言っていました。

前夜はラジオでプロ野球の日本シリーズを聴いたそうですが、巨人が出ていないのでつまらなくて途中で寝たということでした。

そして、ぐっすり眠れたようで朝の血圧も150くらいで、フラフラすることもなくスムーズに起きられたと話していました。

また、朝食後には便通があり脚の痛みも感じないそうで、むくみは気になりましたが本人の体調はとても良さそうでした。

ただ、入浴前に食べたおやつがババロアと紅茶だったそうで「おいしかったけど、お風呂上りの方が良かったな」と、少し残念そうでした。

このころは日没が早くなり、晴れた日には私が帰る頃に見事な夕焼けが見られるようになりました。

この日も西側の窓から母に夕日を見せてあげると「良く晴れたね」と、きれいな夕焼けの空をしきりに感心していました。

« 息子の虐待? | トップページ | 見事な夕景に「すごい」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の虐待? | トップページ | 見事な夕景に「すごい」 »

最近の写真