« 「カワイイ、と言われた」 | トップページ | 夜中に鼻血 »

2022年10月17日 (月)

突然「今日何時?」

4年前の2018年10月17日は曇りで21℃の水曜日、母が施設に入所して106日目、午後3時40分ころ母のフロアに行きました。

母はちょうどトイレに行っていましたが、出てくると朝から便通があり「今も出た」と、嬉しそうに報告してくれました。

それから、9階に移動するためにエレベーターを待っていると、看護師さんが近づいてきて血圧のことを話し始めました。

聴いてみると、母の上の血圧が211だったことがあり、その後もあまり下がらないということでした。

そのため、いろいろな薬を試したり量を増やしたりして、血圧を下げる試みをしているようでした。

母はウチにいる時から血圧の薬を飲んでいて、それでも時々200を超えるような数値が出ることもありました。

そのような時でも母自身が気持ち悪くなるようなこともなく、普通に過ごしていました。

ただ、確かにそこまで高い数値は放っておくわけにはいかず、施設としても出来る限りの治療をしてくれているようでした。

それでも、この日の母は元気にお昼前にリハビリをやって、一通りいつものメニューをこなしたと言っていました。

また、このころはラジオでプロ野球を聴くのが楽しみになっていて、突然「今日何時?」と尋ねてきました。

一瞬私は何の話かと思いましたが、母にすれば「当然巨人戦の話よ」と笑顔で言っていました。

血圧やむくみが徐々に不安になってきていましたが、元気で楽しみがあるのは良いことだと考えるようにしました。

« 「カワイイ、と言われた」 | トップページ | 夜中に鼻血 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カワイイ、と言われた」 | トップページ | 夜中に鼻血 »

最近の写真