« 「諦めが肝心だょ」 | トップページ | 新たな歩行訓練を前に »

2022年10月 7日 (金)

「皆がボサーッとしているよ」

4年前の2018年10月7日は晴れで32℃の日曜日、母が施設に入所して96日目、午後3時40分ころ母の面会に行きました。

エレベーターが母のフロアに着いてドアが開くと、車椅子に乗った母が横向きになって目の前にいました。

どうしてここにいるのか尋ねると、「いつもの座席の所はエアコンの風が当たって寒い」と、母は言っていました。

この日は30℃を超える暑さになったので、室内のエアコンが頑張っているようで冷たい風が吹いていました。

前日の着替えで肌着を夏用のものにしたので、冷たい風を受けると少し寒いかもしれないな、と思いました。

とりあえず、そのまま9階の面会室に移動して、話をすることにしました。

「今日は何もやらないよ」と言う母に、「今日は日曜日だからね」と私が返すと「そうだね」と母は答えました。

「リハビリも無く、皆がボサーッとしているよ」と母は続けて言い「でも脚は痛くないよ」と、元気なことを強調していました。

元気の原因は快眠のようで「今日は明るくなるまで良く寝られた」と、笑顔で教えてくれました。

そういう話を聞いてから母の脚を触ってみると、確かに前日よりもむくんでいないような気がしました。

母は「昨日久しぶりにリハビリをやったからか、脚の痛みは無い」と、リハビリの効果を感じているようでした。

ただ前日、今後はリハビリの回数が減ることを先生から伝えられ、心身共に母の調子が崩れないか不安に思いました。

« 「諦めが肝心だょ」 | トップページ | 新たな歩行訓練を前に »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「諦めが肝心だょ」 | トップページ | 新たな歩行訓練を前に »

最近の写真