« 体調不良の兆し | トップページ | 「おいしければ、それでいい」 »

2022年9月24日 (土)

暇な時間の増加

4年前の2018年9月24日は曇りで28℃の月曜日、母が施設に入所して83日目、午後4時ころ母のフロアに行きました。

前日、母が「何となく体調が良くない」と言っていたので、不安を抱えながらエレベーターを降りると母はいつもの場所にいました。

ただ、母が一人でポツンと定位置にいるのを見て、また今日も元気がないのかと思いました。

それでも私から話しかけてみると、便通が無いこと、朝一で入浴したこと、血圧に問題はなかったことなどを、母は話してくれました。

思っていたよりも元気そうな声だったので、私も少し安心できました。

それから9階の面会室に行くと、母と同室でテーブルでもいつも隣にいる人が息子さんのような人と話をしていました。

その隣のテーブルで改めて話をすると、母はこの日の朝、入浴の前にいつものように血圧と体温を測ったそうです。

一回の測定で看護師さんが「OKです」と言ったので、母はホッとしたと言っていました。

そして、お風呂上りには保湿クリームを塗ってもらって気持ちが良かったと嬉しそうでした。

また、この日は朝6時ころまで良く眠れたと言っていて、それもあって体調が良かったのかもしれません。

ただ、早いもので敬老会が終わって一週間が経ち、何もしていない暇な時間が増えてきたようで、体調の維持が心配になってきました。

大相撲が終わったこともあり、何か母の暇つぶしになるものを考えないといけないな、と思いました。

« 体調不良の兆し | トップページ | 「おいしければ、それでいい」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体調不良の兆し | トップページ | 「おいしければ、それでいい」 »

最近の写真