« 事故ではないですが…… | トップページ | 「リハビリで疲れた」 »

2022年9月28日 (水)

「まあ、いい天気!」

4年前の2018年9月28日は晴れで26℃の金曜日、母が施設に入所して87日目、午後3時40分ころ母のフロアに行きました。

エレベーターを降りると母が食堂のいつもの位置にいることがわかりましたが、まず職員さんが私に話しかけてきました。

どうやら母と大相撲の話で盛り上がり、行司のことまで話したということでした。

その後、母の後ろから向かいの大きな鏡に手を振ると、母は私に気づき早速話し始めました。

この日もトイレに行くたびによく出るということと、まだリハビリに呼ばれていないことを教えてくれました。

「この日もリハビリが無いと二日続けてお休みだ」と、寂しそうに言っていたのが印象的でした。

その後、9階の面会室に行くと、西日がフロアの床中を眩しく照らしていて、母は「今日は一日いい天気だね」と呟いていました。

前日に厚手の肌着を着せたこともあって、母はやはり暑いようで、ヤクルトと冷水を飲み「今日は水が美味しい」と言っていました。

また、昼食の話では「ソーメンのようなものが出た」とのことで、例によって細かく切ってあったのでスプーンで食べたということでした。

着替えのために母の部屋に行くと、ここも部屋の前の廊下まで日が差していて、部屋の窓から外を見た母は「まあ、いい天気!」と笑顔。

ただ、車椅子から立ちあがる時に「脚が思い」と言うので、二日間リハビリが無い影響があるのかもしれないと感じました。

また脚のむくみも少しあり、これも運動不足によるものかと心配になってきました。

« 事故ではないですが…… | トップページ | 「リハビリで疲れた」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事故ではないですが…… | トップページ | 「リハビリで疲れた」 »

最近の写真