« 「しっかり練習しないとね」 | トップページ | 「うどんが出た」 »

2022年9月13日 (火)

「泣いていても仕方ない」

4年前の2018年9月13日は曇りで24℃の木曜日、母が施設に入所して72日目、午後4時ころ母のフロアに行きました。

母は食堂のいつもの場所で寛いでいて、顔色も良く元気そうに見えました。

挨拶をして9階の面会室に行くと、いつものようにこの日のことを話し始めました。

この日は午前中に入浴をして、午後はリハビリがあり、おやつを食べてからトイレに行って、まったりとしていたということでした。

リハビリでは意地で2往復歩いて、その後に歩行器もやり、おやつがおいしかったと話していて体調は良い様子でした。

実際に、母は「今朝はグッスリ寝たので目が良く見えている」と笑顔で言っていました。

また先日のケガ以来、夜寝る前に「立っちゃダメだよ」と念を押されていると言いながら苦笑いをしていました。

ところで、この日私は母の面会に来る前に、少し前に入院した叔母の面会に行っていて、そのことを母に伝えました。

母も叔母が入院したことは知っていて「人相変わったでしょ?」と、心配していました。

確かに、以前に会った時よりも少し痩せて年を取った感じもしましたが、それほど変わっていないようにも見えました。

「母も頑張っているから頑張って下さい」と叔母に伝えたことを話すと、母は無言で頷いていました。

「面会に行く?」と私が聞くと「行かない。二人で抱き合って泣いていても仕方ない」と母は言い、今度は笑っていました。

« 「しっかり練習しないとね」 | トップページ | 「うどんが出た」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「しっかり練習しないとね」 | トップページ | 「うどんが出た」 »

最近の写真