« 3時の息子と栗饅頭 | トップページ | リハビリの効果を本人も自覚 »

2022年6月22日 (水)

入院後30日目

4年前の2018年6月22日は晴れの金曜日、母が脱水で入院して30日目、この日は午後3時45分ころ母の面会に行きました。

病室で母はベッドに仰向けに寝て、首だけこちら側に向けていたので、部屋に入った私とちょうど目が合いました。

「今来たの?」と母は私に話し掛けてきました。

このところベッドサイドにはポータブルトイレが置いてあり、今はこれを使っているようで、母も割と気に入っているようでした。

この日も母は元気で、楽しそうにいろいろと話をしてくれました。

看護師の皆さんが、母が愛用しているちゃんちゃんこを褒めてくれること。

母が帽子を被ると「似合う」「いいのがあるじゃない」などと、声を掛けてくれると。

看護師さんたちと良い関係が築けているようで、私も嬉しく思いました。

そして入院後30日目、すっかり元気になり明るく話をする母の表情を写真に撮りました。

2018年6月22日

« 3時の息子と栗饅頭 | トップページ | リハビリの効果を本人も自覚 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3時の息子と栗饅頭 | トップページ | リハビリの効果を本人も自覚 »

最近の写真