« 4日目は元気のない日曜日 | トップページ | ある意味で贅沢な悩み »

2022年5月28日 (土)

「とうとう相撲を見なかった」

4年前の2018年5月28日は曇りの月曜日、母が入院して5日目、この日は主治医と面談をする予定になっていました。

その予定時間の少し前に母の病室に行くと、前日とは打って変わって母は上機嫌でした。

何気なく床のごみ箱を覗いてみると、精神安定剤と思われる薬の袋が捨ててあり、精神的なケアも既に始めてくれているようでした。

ただ、母が話す内容は過去の記憶に基づくことのようでしたが、横になったまま話していることもあってか、よく聞き取れませんでした。

それでも、入院前と違って元気で陽気な母に会えるようなったことは、私にとってはとても嬉しいことでした。

しばらく母と話をしていると午後5時になり、主治医と話をすることになりました。

母の現状としては、脱水は回復し入院時に母が言っていた「お腹痛い」ということも問題がなかったと。

食事も完食に近く、この日もリハビリが行われて経過は順調ということでした。

退院後の話も出て、私が「施設の方が良いかなという気もします」と言うと、主治医は「一週間様子を見ましょう」と話を締めくくりました。

面談が終わり再び母の病室に行くと「とうとう相撲を見なかった」と母は言い、時間の経過が少しは分かっているようでした。

また「昨日、五木さんが何かした?」などと尋ねてきて、断片的ながらウチにいた時の記憶も残っているように思いました。

主治医の話に安心し、母の元気な顔も見ることもできて、久しぶりに気持ちが軽くなった日でした。

« 4日目は元気のない日曜日 | トップページ | ある意味で贅沢な悩み »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4日目は元気のない日曜日 | トップページ | ある意味で贅沢な悩み »

最近の写真