« 「足湯だけやろうか?」 | トップページ | 鎮痛薬の副作用? »

2022年5月17日 (火)

「そんなに寝られるわけがない」

4年前の2018年5月17日は晴れて暑い木曜日、母は相変わらず起きても意識がボーッとしているようでした。

血糖値を管理する必要があるので規則正しい3度の食事は欠かせませんが、それ以外は横になっているかボーッとしている状態でした。

前夜の母は8時半頃に寝て、夜中の11時に一度目覚めて「まだ起きなくていいの?」と、私を呼びました。

この日は朝まで何回かこの調子で、結局午前5時頃には起きて朝食を食べることになりました。

ただ、食欲がそれほどあるわけではなく、いつもの半分ほどで食べ終わりました。

それでもこの日はやや状態がいいのかトイレに行った後、昼まで椅子に座ってウトウトしていました。

昼食後はやはり眠くなったようで、午後2時半にはベッドで横になりましたが、ほとんど昼夜が分からなくなっている様子でした。

この時は4時間ほど寝ていましたが、珍しく良く眠れたようで、少し機嫌が良さそうに夕飯を食べてくれました。

ただ、やはり食後は眠くなったと言って、午後8時過ぎに足湯をした後にベッドで横になりました。

その時「何時に起きればいいの?」と母が聞くので、「明るくなる6時頃まで寝ていていいよ」と私は答えました。

「10時間くらいあるよ」と私が続けると「そんなに寝られるわけがない」と、このころとしては珍しく母は少し笑いながら言いました。

そして、結局この夜も午前1時半にはトイレに連れて行くなど、私の寝不足の日々が続いていました。

« 「足湯だけやろうか?」 | トップページ | 鎮痛薬の副作用? »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「足湯だけやろうか?」 | トップページ | 鎮痛薬の副作用? »

最近の写真