« 「先生の声が小さくて聞こえない」 | トップページ | 父のケガ »

2022年4月 1日 (金)

被介護者の精神状態を考える

介護は育児に似ていると思います。

また、逆に似ていない点も数多くあります。

もっとも異なるのが、終わりが見えないということでしょうか。

いつ終わるか分からないので、介護する人が耐えられずに悲劇に終わることが時々ニュースになったりします。

他には、育児と違って状況が改善することがほとんど考えられないことが上げられます。

それはつまり、一旦介護を始めると徐々に介護の内容が質量ともに厳しくなっていくということです。

そして介護者が疲れてしまい、最悪の場合にはいわゆる介護地獄と呼ばれる状況になる場合もあります。

ただ、これは介護される側から見ても、私には想像しかできませんが、辛いものがあるように思います。

例えば、私の母のように高齢になってから車椅子の生活になってしまうと、再び歩けるようになるのはかなり難しくなります。

それはやむを得ないことですが、当事者にとっては精神的なショックは大きいものがあります。

被介護者の精神状態が良くないと、介護状態の悪化に拍車がかかり介護者の負担がより大きくなってしまいます。

私の経験からしても、介護される人の精神状態を大事にしてあげることが大切だと感じます。

« 「先生の声が小さくて聞こえない」 | トップページ | 父のケガ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「先生の声が小さくて聞こえない」 | トップページ | 父のケガ »

最近の写真