« 散歩のススメ | トップページ | 「おソバはあまり好きじゃない」 »

2022年3月 6日 (日)

離れることで見えてくるもの

この3月に入ってから暖かく穏やかな陽気の日が続いていて、本当に散歩にふさわしい時期になりました。

そういうことで散歩をお勧めするような記事を続けて書きました。

それは、母が散歩に行ったことをとても喜んでくれたからでもありました。

思っていた以上の母の笑顔を見て、もっと早くから、もっと数多く散歩をすれば良かった、と今でも感じています。

同様に母の喜ぶ様子を見て意外に思ったのがコーヒーでした。

ウチで母の介護をしていた頃の朝食にはパンを食べることが多く、その時に母が飲むものは紅茶がほとんどでした。

一方コーヒーに関しては、時々おやつに私がレギュラーコーヒーを淹れることがありました。

「コーヒー飲む?」と私が声を掛けると、母が拒否したことは確かにありませんでした。

ただ、母がどの程度コーヒーを好きなのか、そういうことを考えたことはありませんでした。

その後、母が入所した施設では毎月誕生会があり、その時にはケーキとコーヒーが振舞われていました。

「コーヒーおいしかった。おかわりしちゃった」と、初めての誕生会で母は大喜びしていました。

一緒に住んでいると分からなかったものが、離れると見えてくるということがあるものなのですね。

« 散歩のススメ | トップページ | 「おソバはあまり好きじゃない」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩のススメ | トップページ | 「おソバはあまり好きじゃない」 »

最近の写真