« 他人事でない介護離職 | トップページ | 椅子の転落から人生が動く »

2022年3月22日 (火)

「帰りたい」

昨日取り上げた2015年11月の母の入院によって私は介護休職し、その半年後には介護離職することになりました。

母は入院前は要支援でしたが、この入院後は要介護状態になりました。

家には借りた車椅子を常時置くようになったり、トイレの手すりやベッドも借りて、少し生活も変わりました。

この時の入院では貧血ということで輸血をしましたが、主な治療はそれだけで4日ほどで退院しました。

母もどこまで深刻に考えていたのか分かりませんが2日目には「帰りたい」と、呟いていました。

貧血の原因は必ずしも特定できていませんが、おそらくステロイド剤の副作用ではないかと私は考えています。

そのことを入院先の医師にも話しますと、医師は「胃カメラで検査しましょう」と言いました。

ステロイドの副作用としては内臓からの出血というものが多いので、当然の反応でした。

ただ、母が「帰りたい」と言っていることと、入院前まで吐血や下血の様子はなかったことで私はお断りすることにしました。

その代わりに通院している病院で相談したい旨を申し出て、短期間で退院することを認めていただきました。

この時私が母の貧血の原因をステロイドの副作用ではないか、と考えた理由については更に遡る必要があります。

そして今、改めてこの時の入院を振り返ると、母にとっても私にとっても大きな事態だったのだと感じます。

« 他人事でない介護離職 | トップページ | 椅子の転落から人生が動く »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他人事でない介護離職 | トップページ | 椅子の転落から人生が動く »

最近の写真