« 「今度は大丈夫だ」 | トップページ | ラッキーだった施設入所 »

2022年2月21日 (月)

答えは「諦めが肝心だよ」

2019年6月、入院中の母が思いがけず元気で陽気になり、何をしても楽しそうな表情をするようになりました。

脚を骨折して落ち込んでいた前月とはすっかり変わった様子に、私は嬉しいながらも何があったのかという感じでした。

とりあえず母はリハビリに前向きになり、体力的にもすぐに回復しました。

患者が回復すると、今の病院はなるべく早く退院させようとして次の行き先を決めるように話してきます。

そのため私は、その病院に併設している介護老人保健施設を見学することにしました。

母がウチにいた頃には、デイサービスにも興味を示さなかったので、施設は全く考えていませんでした。

ただ、この頃の母の陽気さを見ると、もしかすると今なら施設にも馴染めるかなと思いました。

運良く入所した母は、最初は戸惑いもあったようでしたが、一週間ほどで慣れてくれました。

施設でも相変わらず元気で陽気に過ごしていた母に、ある職員さんが尋ねました。

「どうしていつもそんなに明るくいられるんですか?」

その職員さんは家でも両親を介護していて、親と文句を言いあってばかりだと悩みながら母に質問したのでした。

それに対する母の答えは「諦めが肝心だよ」でした。

« 「今度は大丈夫だ」 | トップページ | ラッキーだった施設入所 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今度は大丈夫だ」 | トップページ | ラッキーだった施設入所 »

最近の写真