« 徐々に老化していく姿 | トップページ | 車椅子での外出は自転車と同じ »

2022年2月 2日 (水)

沈丁花の香り

自宅で親を介護していると引きこもりがちになる場合が多いだろうと思います。

私の母も足腰が弱ってからは、通院以外はほぼ出かけることは無くなりました。

私もそういう状況になってからは、母を散歩に誘うこともなく時々一人で買い物に行くくらいになりました。

実際、母も外出時は車椅子ということで億劫なのか、ほとんど外に出たがりませんでした。

ただ、今では天気の良い日には一緒に出掛けてあげれば良かったと思っています。

というのは、母が最後の入院をする前に3回だけ車椅子で散歩に出かけました。

たった3回でしたが、毎回母はとても楽しそうな表情をしていました。

その時は既に車椅子の生活にも慣れていたということもありますが、もっと早く誘ってみれば良かったと思ったものでした。

早いもので昨日から二月に入り、寒かった今年の冬もそろそろ終わりに近づいてきました。

今朝外に出ると、何処からか沈丁花の香りがしたような気がしました。

「沈丁花の匂いがするね」「そうだね」「もう春が近いね」

こんな会話をしながら花好きな母と散歩ができたら楽しかっただろうと思います。

« 徐々に老化していく姿 | トップページ | 車椅子での外出は自転車と同じ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徐々に老化していく姿 | トップページ | 車椅子での外出は自転車と同じ »

最近の写真