« 病院、施設で陽気な母 | トップページ | 父の思い出 »

2022年1月 9日 (日)

服と帽子のコーディネート

母がお世話になっていた施設に感謝の気持ちを表すためにマスクを送ったことは、先日からこちらに書いています。

そのお礼状を頂いた際に同封されていたのが、職員さんたちの母についての思い出話でした。

これを受け取って私は本当に嬉しく思いましたので、今日もこのことを取り上げようと思います。

そも思い出話の一つに『息子さんが、服と帽子をコーディネートしてくれていておしゃれだった』というものがありました。

確かに母が施設で着ていた服は、ほとんど私が選んで買ったものでした。

というのは、母は80代後半くらいから買い物に出かけなくなったので、私が買わなければならない状況でした。

それから、特に肌着は綿の古めかしい物を着ていたので、この機会にポリエステル素材の物に変えてあげました。

施設の中は母にとって暑く感じることが多かったようで、ポリエステルの衣類は母も気に入ってくれました。

他にも母が気に入ってくれそうな衣類をしばしばネットで探しましたが、徐々に私にとって楽しみな時間になりました。

高齢者用の衣類は多くが地味で濃い色のものが多いのですが、私はあえて明るい感じの色の物を選ぶようにしていました。

それは母と生活していた頃、濃くて暗い色は見にくそうだったので、身の回りの物はなるべく明るい色の物を揃えるようにしました。

入所者には珍しい明るい色の服を見て職員さんは『おしゃれ』と感じたのでしょうが、母も気に入っていたようで笑顔が映えていたと思います。

« 病院、施設で陽気な母 | トップページ | 父の思い出 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病院、施設で陽気な母 | トップページ | 父の思い出 »

最近の写真