« 温かいお別れの挨拶 | トップページ | ついに、その日が…… »

2021年12月19日 (日)

気持ちよさそうな寝息

2年前の2019年12月19日は木曜日、曇りで10℃の日、午後7時頃母の病室に行きました。

いつものように仰向けに寝て、顔は右を下にしているので丁度こちら側を向いていました。

母の様子は、スヤスヤと寝息を立てて気持ちよさそうに眠っているように見えました。

計器の数字を見ると、この日は脈拍が90台でここ数日よりも安定していました。

血圧は115/42、酸素量は94で、前日に引き続き利尿剤の点滴は外されていました。

顔のむくみは少し前から無くなって、むしろここ数日でかなり痩せて老けたように感じました。

そして、腕のむくみはまだ多少残っていて、前日までと変わっていませんでした。

ただ、心電図の波形の悪化がこのところ急速に進んでいて、前日よりもさらに嫌な感じになっていました。

そして、声を掛けてみても全く反応がないのが、とても残念でした。

それでも母の寝顔を見ていると『いつまでもこのまま眠っていてくれればいいな』と、心から思いました。

この日の最後には胸に掛けていたジャイアンツの白いタオルを、いつも愛用していた高橋由伸のタオルに交換してあげました。

母に反応はありませんでしたが、それだけでもしてあげて良かったと思いました。

« 温かいお別れの挨拶 | トップページ | ついに、その日が…… »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温かいお別れの挨拶 | トップページ | ついに、その日が…… »

最近の写真