« 「皮かと思った」 | トップページ | リハビリで「調子が良かった」 »

2021年10月14日 (木)

再び弱気に「怖い」

2年前の2019年10月14日は月曜日で体育の日、曇りで時々雨が降る21℃の涼しい日、午後3時55分頃施設に面会に行きました。

母はいつもの位置にいて、珍しくカーディガンを着ていませんでした。

おそらく入浴時に洗いものと一緒にされたのだと思いますが、この日の母は少し認知が怪しいのか、これからお風呂だと思っていたようでした。

寒くはないというので、そのまま面会室に移動して話をすることにしました。

雨降りなので日光浴はできませんが、ベランダの小松菜が育っているのを見ながら、おやつにゼリーを食べたと教えてくれました。

話をしていると、この日は何かにつけて「怖い」と言い、再び少し弱気になっている感じがしました。

このころは食事制限がなくなって「もっと食べるように言われる」と、しきりに気にしていることもありました。

いろいろなことで周囲が気になって、弱気になっている点もあるようでした。

また、この日の脈拍が81で、ここ数日70台以上が続いていて本人も「ドキドキする」と言っているのが少し心配でした。

それでも食事は朝からおいしく食べたと言い、その他の体調もそれほど問題はなさそうでした。

いつものように腿上げ20回も良く上がって、「元気です」と母は笑顔で言ってくれました。

最後に、少しでも気が休まるように「無理しないでいいから、バランス良く食べてね」と伝えると、母も頷いていました。

« 「皮かと思った」 | トップページ | リハビリで「調子が良かった」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「皮かと思った」 | トップページ | リハビリで「調子が良かった」 »

最近の写真