« 「その辺りを歩きたい」 | トップページ | 出血で大騒ぎ »

2021年9月23日 (木)

「脚が軽くて歩けそう」

2年前の2019年9月23日は月曜日、晴れて31℃まで上がった日、午後3時55分頃施設に面会に行きました。

前日は意外に元気でしたが、この頃は体調や気分の振れ幅が大きく、いつも不安半分で母に会いに行っていました。

この日の母はいつもの場所にいて、丁度おやつが終わったところで、残った飲み物を持って面会室に移動しました。

お風呂から帰って来て間もない様子で、そのためおやつが少し遅くなったようでした。

窓から見える空には雲が増えてきたので日光浴はできず、母がお茶を飲み干したところで部屋に戻りました。

前回の退院後、2か月が過ぎようとしていましたが、むくみは脚も瞼もほとんど目立ちませんでした。

いつものように腿上げを20回やると、この日もとても良く上がっていました。

母は「むくみがないので脚が軽くて歩けそう」と、前日と同じように意欲的なことを言っていました。

また、「爪切って」と言っても誰も切ってくれないというので、切ってあげましたが深爪を嫌がるので、サッと切ってあげました。

他に気になったのが、ラジオはうるさいといって、聞く気になれないと言っていたことでした。

翌日には姉が来ることを伝えると「嬉しいけど、悪いねぇ」と、ひたすら恐縮していました。

このころとしては普通な感じで、意識もまずますで元気もそこそこというところでした。

« 「その辺りを歩きたい」 | トップページ | 出血で大騒ぎ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「その辺りを歩きたい」 | トップページ | 出血で大騒ぎ »

最近の写真