« 「脚は上がるけど歩けない」 | トップページ | 「こんな子が欲しいね」 »

2021年9月18日 (土)

「千葉は広い」

2年前の2019年9月18日は水曜日、雨の降る24℃の日、午後4時5分頃施設に面会に行きました。

母はいつもの場所にいて、今日も便秘の処置をしたと言いましたが、まだ出てはいないとのことでした。

ただ、それほど切羽詰まった感じもないので面会室に行って話をすることにしました。

残念ながら雨降りなので日光浴はできませんでしたが、タブレットでいくつか写真を見せてあげました。

前日の夕焼けをウチのベランダから撮ったものを見せると、昔の記憶が少しよみがえったようでした。

また、台風で千葉県の一部が被害を受けたことを話すと、母は「千葉は広い」と言っていました。

この日は、変ったことは何もなく、座薬を入れたことくらいだとか。

部屋に戻り、着替えの際の車椅子からベッドへの移動は楽にできましたが、背中を見ると掻き傷ができていました。

クリームは塗ってもらっているようですが、どうしても腕や背中を搔いてしまうとのことでした。

その後、腿上げを20回やったりして、少しずつ元気になってきていましたが、相変わらず声は小さくおとなしい感じでした。

便通などの他にも気になっている悩みがあるようで、気分的に落ち込んでいるのような様子でした。

会話は普通にできますし、明るい表情や笑いが時々は出ますが、長続きしないという状態がここ数日続いていました。

« 「脚は上がるけど歩けない」 | トップページ | 「こんな子が欲しいね」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「脚は上がるけど歩けない」 | トップページ | 「こんな子が欲しいね」 »

最近の写真