« 食事制限から「ふりかけ」へ | トップページ | 「3時半って、昼の?」 »

2021年9月 6日 (月)

「顔馴染みですか?」

2年前の2019年9月6日は金曜日、晴れて33℃、午後4時5分頃に施設に面会に行くと母はいつもの場所にいました。

居眠りはしていないで起きていましたが、やはり状況が把握できていないような表情をしていました。

職員さんによると、ふりかけご飯で5割ほど、おかずは2割ほどは食べていたとのことでした。

面会室に移動して、いつものように日光浴をしながら話をすると、母は「ふりかけご飯がおいしかった」と言いました。

半分しか食べなかったことに関しては「あれくらいでいい」と、食欲はまだ今一つのようでした。

それよりも気になったのが、時間と場所をはっきり認識できていないことでした。

前日の夕方もベッドで横になりながら「ここ、どこ?」と言っていました。

病院にストレッチャーで行ったこともあって、入院したのだと勘違いしているのかと思いましたが、施設の記憶も薄れているようです。

部屋で話をしていると、同室の入所者が現れて私と話をした後、母が「顔馴染みですか?」と訊いてきたのには驚きました。

母が入所以来ずっと同じ部屋で過ごしている人ですから、知らないはずはありません。

それでも、曾孫の写真を見せて先日一緒に遊んだことを説明すると「のり巻き食べて、おいしかった」と、その時のことを思い出しました。

心配は尽きませんでしたが、少しずつ食べられるようになってきたようなので、元気を取り戻せるといいなと思いました。

« 食事制限から「ふりかけ」へ | トップページ | 「3時半って、昼の?」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食事制限から「ふりかけ」へ | トップページ | 「3時半って、昼の?」 »

最近の写真