« 「昨日の夕焼けがきれいだった」 | トップページ | 朝方、気分が悪かった »

2021年8月12日 (木)

「ご飯が多いのではないか」

2年前の2019年8月12日は月曜日、この日も晴れて暑い日、午後4時10分頃施設に面会に行きました。

母は定位置にいて、丁度トイレから戻ってきたところだと言っていました。

少し前には南側の部屋に行ってラジオを聴いたり、外の景色を見たりしていたということでした。

この日もエアコンが効いていたので、面会室に移動して温まりながら話をすることにしました。

母の話では、昼寝から起きておやつの時間にゼリーを食べたけど、お茶は半分だったと苦笑いしていました。

その前には看護師さんと体重を測ったところ「増えている」と言われて、かなり気にしているようでした。

自分なりに原因を考えているようで「ご飯が多いのではないか」などと言っていました。

お盆のためか、面会室はテーブル席が満杯でしたが、この日は母のフロアにも面会者がたくさん来たとのことでした。

この日は午前中に入浴をして着替えも済んでいましたが、脚のむくみをチェックすると少しずつむくみが進んでいるように感じました。

このところ様子を見ては、私も脚のむくみを揉んだりしていましたが、母自身も寝る前に揉んでいるようでした。

「ここ2~3日は、おしっこの出が悪い」と母は言い、むくみなどを少し気にし始めている様子でした。

この日の母も話し声は元気でしたが、健康状態にはいろいろな不安が出てきたようでした。

« 「昨日の夕焼けがきれいだった」 | トップページ | 朝方、気分が悪かった »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「昨日の夕焼けがきれいだった」 | トップページ | 朝方、気分が悪かった »

最近の写真