« 「ご飯が多いのではないか」 | トップページ | 「油断していた」 »

2021年8月13日 (金)

朝方、気分が悪かった

2年前の2019年8月13日は火曜日、曇り空ながら36℃の中、午後4時10分頃施設に面会に行きました。

母はいつもの位置にいて、珍しく折り紙をやっているところでした。

それを途中で抜けて面会室に行き、話をすることにしました。

母は、この日の寝起き時、気分が悪かったことを教えてくれました。

朝食を半分くらい残して、トイレに行き便通はあったそうですが、そのまま寝ていたということでした。

また、昼食はほぼ食べてから昼寝をして、おやつも食べてトイレに行き、その後折り紙をしていたと言っていました。

その後、今朝診てくれた看護師さんの話を伺うと、血圧や酸素濃度は問題無かったとのことでした。

一応血圧を測ってみると、139/73、脈拍が49、いつもよりも低めで脈拍が少ないのが気にはなりました。

症状としては、お腹や胸の辺りに張りがあって苦しい感じがすると、母は言っていました。

確かにベッドに座ってもらって話をすると、少し息苦しそうな話し方に聞こえました。

ただ、これまでの入院間近の様子ほど緊迫した感じはまだないように思いました。

この日も最後に、母のお気に入りのタブレットで撮影した前日の夕焼けを見せてあげると、とても喜んでくれました。

« 「ご飯が多いのではないか」 | トップページ | 「油断していた」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ご飯が多いのではないか」 | トップページ | 「油断していた」 »

最近の写真