« 座る生活で脚にむくみ | トップページ | 色つやも良く、いい笑顔 »

2021年7月31日 (土)

「隣の人は3度ともパンだ」

2年前の2019年7月31日は水曜日、晴れて34℃の暑い日、この日も午後4時10分頃母の施設に面会に行きました。

ものすごく暑い外から室内に入ると、涼しく感じられる部屋のいつもの場所に母はいました。

母を連れて9階の面会室に行き、いろいろと話をすることにしました。

母は朝食後には便通もあって「今日の体調はいいよ」と言っていましたが、朝の血圧は高かったということでした。

血圧を測った看護師さんに「気分はどう?」と言われたそうで、母は少し気にしている様子でした。

午前中にはタオル折りをしたこと、隣の人の食事が3度ともパンだ、ということなどを話してくれました。

また、新しく入所した人がいて、その人には息子さんが面会に来て、夜勤明けで来たようだということまで教えてくれました。

そんな母の姿は、その日にあったことを一生懸命思い出しながら話してくれているように見えました。

ただ、気になったのは、話し声が小さく少し元気がないような様子に見えたことでした。

入院前の6月頃からそれまでとは異なり、施設の不満を言ったり、イライラしたような態度が始まったように感じていました。

食事も病院の方が美味しいと言っていたので、この先の施設での生活も少し心配だな、と思いました。

それでも、着替えをしたり話をしているうちに声にも元気が出てきたので、少しホッとして帰ることができました。

« 座る生活で脚にむくみ | トップページ | 色つやも良く、いい笑顔 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 座る生活で脚にむくみ | トップページ | 色つやも良く、いい笑顔 »

最近の写真