« 珍しい「おいしくなかった」 | トップページ | 「珍しくおいしかった」 »

2021年7月 4日 (日)

「どうなっているかねぇ」

2年前の2019年7月4日は木曜日、雨上がりの午後4時10分頃、面会のため施設に行きました。

母はいつもの所にいて、リハビリに行ったということで元気な様子でした。

厚手のカーディガンを着ていて「昨夜から寒かったのでこれを着ている」と、言っていました。

この日はお風呂に一番に入って、おやつを食べてからリハビリに行ったということで話し声も元気でした。

入浴前の血圧測定は一回だけで、この時測った値も170/70で、この頃にしては高くない感じでした。

前夜は8時頃にベッドに来たらナイターがかなり進んでいて、最後まで聴いてはいなかったが、巨人が勝ったことは知っていると言っていました。

「今日で一年だから」と言いながら持参した菓子折りを見せると、母はにっこりとほほ笑んでいました。

「もう一年お願いします、と言いながら渡してね」と言うと「どうなっているかねぇ」としみじみと呟きながらも笑顔でした。

私が、一年前に入所した時は向かい側のベッドだったことを話すと、母は覚えているかどうか微妙な様子でした。

また、新しく買って来た夏用のパジャマを見せると「あら、涼しそう」と、興味深そうに触れていました。

脚のむくみもそれほどではなく便通もあったようで、声も元気で明るく、体調は良さそうでした。

部屋のカーテンを開けて外を見せると「うわぁ、明るいわねぇ」と雨が上がった空を見て、母は歓声を上げていました。

« 珍しい「おいしくなかった」 | トップページ | 「珍しくおいしかった」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珍しい「おいしくなかった」 | トップページ | 「珍しくおいしかった」 »

最近の写真