« 「話したいことがたくさんある」 | トップページ | 「自分の方が2歳上だった」 »

2021年7月 9日 (金)

「待っていたよ」

2年前の2019年7月9日は火曜日、曇りでやや涼しい日でしたが、午後3時40分頃施設に面会に行きました。

この日は姉が来てくれて一緒に母のフロアに行くと、母はいつもの場所にいてラジオを聴いているようでした。

大相撲中継を聴こうとしていたようでしたが、ラジオでの中継は4時過ぎからなので、まだ放送前でした。

母は姉の姿に気づくと手を振りながら「待っていたよ」と笑顔で言いました。

姉と一緒に壁に貼ってある母の習字の作品を見てから、着替えのために部屋に移動しました。

この日は朝からリハビリに行ったところ人がたくさんだったとか、お昼にはソバが出たとか、いつもであれば私しか聞かない話を、姉も聞いてくれたので母はとても嬉しそうでした。

ただ、ふくらはぎを揉んでいると「痛い」と声を上げる場所がありました。

むくみも少しずつ気になってきていて、血圧も190/82で、少し心配な点が増えてきました。

姉が来てくれたので母の声もいつも以上に元気でしたが、良く聞くと少し絞り出すような発声をしているようにも感じました。

また、姪が送ってくれた曾孫がトウモロコシを食べる動画を見せると、母はとても喜んでくれました。

姉との話が楽しそうで、この日の母も元気でしたが、脚のむくみ、発声の仕方や血圧など心配な点も出てきました。

« 「話したいことがたくさんある」 | トップページ | 「自分の方が2歳上だった」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「話したいことがたくさんある」 | トップページ | 「自分の方が2歳上だった」 »

最近の写真