« 「夕飯もしっかり食べた」 | トップページ | 「肉の方がいいな」 »

2021年6月11日 (金)

徘徊する人

2年前の2019年6月11日は火曜日、この日はやや涼しい曇りの日でしたが、午後4時10分頃に施設に面会に行きました。

母はトイレに行っていたので、先に部屋に行って待っていることにしました。

暫く待つと職員さんが母を連れてきて、少し微熱があると話してくれました。

ここ数日、痰がからみ気味でしたので、やはり風邪気味なのかなと思いました。

部屋で着替えながら話をすると、午前中にリハビリがあり、その時は晴れていたので外を眺めたと言っていました。

午後は昼寝をしてからおやつを食べて、そして今トイレに行っていたという、いつものスケジュール。

話し声は元気でしたが時々深いところで痰が絡む感じで、なかなか切れませんでした。

この日の母の健康状態で気になるのはその点だけでしたが、他に気になることがありました。

少し前に入所した認知症らしい男性が、数日前から母たちの部屋に勝手に入ってきているようでした。

同室の人によりますと、夜の睡眠中にも入って来たとか。

母のフロアにはもともと認知症の人はいましたが、徘徊する人はあまり見かけませんでした。

本人がどこまで分かっているのか分かりませんが、少し気持ち悪い気がしました。

« 「夕飯もしっかり食べた」 | トップページ | 「肉の方がいいな」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夕飯もしっかり食べた」 | トップページ | 「肉の方がいいな」 »

最近の写真