« 「車椅子がへたくそだ」 | トップページ | 「暑くて暴れていた」 »

2021年6月 5日 (土)

冷奴?

2年前の2019年6月5日は水曜日、曇りながらも最高気温が28℃まで上がった蒸し暑い日でした。

この日は午後4時10分頃、施設に面会に行くと母はいつもの所にいました。

母は「どこにいても暑い」と言っていて、少しバテ気味の様子でした。

確かにたくさんの人が集まっている割にエアコンがあまり動いていないのか、熱気が溜まっている感じがしました。

部屋に着替えに行くと、前夜寝汗を掻いたために替えた肌着が洗濯物として置いてありました。

母は「お風呂も入っているのに体が痒い」と言っていました。

室内の暑さで、ずっと汗ばんだ状態が続いているようでした。

この日は午前中タオル折りをしてからラジオ体操をしていると、リハビリに呼ばれたと教えてくれました。

いろいろと話をしていると喉が渇くようで、私が持って行った水筒の冷水を美味しそうに2~3口飲んでいました。

また、前日言われた爪切りを持って行き一通り切ってあげると、母は自分でやすりを使って念入りに削っていました。

そして食事のことを尋ねると、「冷たい水に入った小さく切った豆腐がおいしかった」と、冷奴でしょうか?

この日は暑さのためか全体的にボーッとした感じがありましたが、体調は悪くはなさそうでした。

« 「車椅子がへたくそだ」 | トップページ | 「暑くて暴れていた」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「車椅子がへたくそだ」 | トップページ | 「暑くて暴れていた」 »

最近の写真