« イライラと愚痴 | トップページ | 薄手のカーディガンと笑顔 »

2021年5月 7日 (金)

「久しぶりにしては動けた」

2年前の2019年5月7日は火曜日、この日は午後4時10分頃施設に行くと、母はいつもの位置にいました。

母の話では、午前中に久しぶりのリハビリに行ったということでした。

そのリハビリの様子を聞いてみると「久しぶりにしては動けた」と笑顔で話してくれました。

施設に入ってからの母はリハビリが好きで、しばらく間が空くと寂しそうにしていましたから嬉しかったようです。

また、この日は爪切りを持って行き、爪を切ってあげました。

職員さんには頼んでいたということですが、一週間ほど待っていたので喜んでくれたようでした。

それから、この頃は南側の窓から日の出を見ることが楽しみだ、ということも話してくれました。

この日は曇っていて日の出は拝めなかったようですが、ベランダにサンダルが置いてあって外に出られるようだと、良く観察していました。

その他に「何かおいしいものは食べた?」と尋ねると「豆腐のお吸い物」と答えてくれました。

味噌汁ではなく出汁のきいたお吸い物で、小さいサイの目の豆腐が具であることが多いという話でした。

先日一緒にお昼を食べたことはあまり覚えていないようでしたが、干ぴょう巻きを食べられたことは思い出したようでした。

この日の母は全体的に元気があり、明るい声で話をしてくれました。

« イライラと愚痴 | トップページ | 薄手のカーディガンと笑顔 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イライラと愚痴 | トップページ | 薄手のカーディガンと笑顔 »

最近の写真