« 「こいのぼり」 | トップページ | 「自分だけうどんなのか?」 »

2021年4月19日 (月)

「筆の具合が悪かった」

2年前の2019年4月19日は金曜日、晴れて暑いくらいの日でした。

この日も施設に午後4時頃に行くと、母はいつもの位置にいて眠たそうにしていました。

前日、座薬を使ったと言っていたので「ウンチ出た?」と尋ねると「出すぎた」と答えました。

部屋に行って、着替えながら話をすることにしました。

座薬が効いたようでトイレで出した後に、昼寝をしている間にも出てしまったとのことでした。

また、この日は午前中にリハビリがあり、今週は3回リハビリをやりました。

ある職員さんとはブカブカのズボンについて話をしたと言っていました。

以前はちょうどよかったズボンが確かに腰のあたりがゆるくなり、立ち上がるとずり落ちそうな状態になっていました。

肥満が解消してきたのか、むくみが減って来たのか、おそらく両方だと思いますが、一時期よりもかなり痩せたことは事実でした。

そして、次の日曜日にはお昼に穴子寿司を持ってくることを伝えると、喜んで「楽しみだ」と笑顔で言ってくれました。

また、前日はやはり習字をしたそうで「筆の具合が悪かった」と一言。

この日の母は、お腹の不安があって最初は静かでしたが、話をしているうちに元気になってきて、声にも力がありました。

2019年4月19日

« 「こいのぼり」 | トップページ | 「自分だけうどんなのか?」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「こいのぼり」 | トップページ | 「自分だけうどんなのか?」 »

最近の写真