« 桜が見えて「感激した」 | トップページ | 「もうそんな時間なの?」 »

2021年4月10日 (土)

余計な洗濯物

2年前の2019年4月10日は水曜日、雨の降る寒い日でしたが、この日も午後3時40分頃に母の施設に面会に行きました。

フロアに行くと、母は定位置にいませんでした。

職員さんの話ではリハビリ中とのことで、部屋で待つことにしました。

母が戻って来るまでの間、職員さんと少し話をしました。

母はこの日からトイレを使うことになったようですが、尿がズボンに掛かってしまったということを言われました。

余計な洗濯物が増えてしまいましたが、それよりも母が少しずつ普通の生活ができるようになったことが嬉しく感じられました。

その後、リハビリを終えた母が部屋に来ましたが、この日も顔色は良く元気でした。

リハビリではゴムボールを使ったものなど、以前と同様なメニューをこなしたということでした。

ただ、歩行訓練はやらなかったと話していました。

この日も、ここ数日と同じように元気な声で一生懸命に話をしてくれました。

目や耳も調子が良さそうで、私が持参した新聞の見出しを眼鏡もかけずに声を出して読んでいました。

徐々に生活を楽しめるようになってきたようで、私も安心しました。

« 桜が見えて「感激した」 | トップページ | 「もうそんな時間なの?」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜が見えて「感激した」 | トップページ | 「もうそんな時間なの?」 »

最近の写真