« 手を振ってお別れ | トップページ | 「パンが来るのかな?」 »

2021年3月 2日 (火)

愚痴が出始める

2年前の2019年3月2日は土曜日、晴れて暖かい日でしたが、この日も午後4時過ぎに面会に行きました。

母はいつもの位置にいて、何か工作をしていました。

紙を台に貼るために糊を塗っているところでしたが、途中で止めて部屋に行きました。

話を訊くと、この日もリハビリはなく一日まったりと過ごしていたということでした。

前夜はあまりよく眠れなかったと言い、そのためか昼寝がよく眠れたそうで、少し寝ぼけ顔のような感じでした。

おやつには草餅が出て美味しかったと言いました。

部屋が暑いこともあってか、私が持参したレモン味のゼリーも美味しそうに半分くらい飲みました。

また、朝から便通があって、そちらの心配はなさそうでした。

ただ、車椅子とベッドとの移動時に右足の踵が痛いと言い、むくみもくるぶし辺りまで目立ってきました。

いまから思えば、こういった症状をもう少し重要視しておくべきだったかなという思いもあります。

それでも、いろいろと話をするうちに元気が出てくるのはいつもと同じでした。

少し気になったのは珍しく愚痴が多かったことで、体調なのか精神的なものか、心配な点がまた現れました。

« 手を振ってお別れ | トップページ | 「パンが来るのかな?」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手を振ってお別れ | トップページ | 「パンが来るのかな?」 »

最近の写真