« 「お粥よりはるかにいい」 | トップページ | 「おやつが美味しい」 »

2021年2月27日 (土)

心配で施設に電話

2年前の2019年2月27日は水曜日、この日も午後4時頃に面会に行くと母はいつもの位置にいました。

見た目から元気がなさそうでした。

話を聞くと、お腹がやわらかく調子が悪いと言いました。

それでもこの日は2月の誕生会があって、チョコレートケーキを美味しくいただいたとのことでした。

ただ、珍しく食事を残したと本人の弁。

また、このころ欠かせないウンチの話は、おやつの前に行きたかったが食べてから行けばいいと言われ、ケーキを食べてから行くとたくさん出たということでした。

食べることと出すこと、これが母が元気をなくしている最大の問題になっているように感じました。

この日は午前中にリハビリがあって、一往復歩けたと嬉しそうに話してくれました。

足を見てみると、右足のくるぶしの辺りのむくみが目立つようになってきていました。

ただ、しばらく話しているうちに声も出てきて、少しは元気になってきたように感じました。

しかし、この日の母の元気の無さは帰宅後も心配で、施設に電話をして職員さんと話をしました。

職員さんはウンチのことで何か言っていなかったかと、質問してきました。

もしかすると、本人から聞いている以外にも何かがあって、母は体調とともに精神的にも参っているのかなと思いました。

« 「お粥よりはるかにいい」 | トップページ | 「おやつが美味しい」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お粥よりはるかにいい」 | トップページ | 「おやつが美味しい」 »

最近の写真