« 「トイレに行きたい」 | トップページ | 心配で施設に電話 »

2021年2月26日 (金)

「お粥よりはるかにいい」

2年前の2019年2月26日は火曜日、ここ数日母はどことなく元気がないので不安を抱えながら面会に行きました。

この日も午後4時頃に行くと母は定位置にいました。

おやつを食べてトイレに行って手を洗ったところだと言い、たくさん出たと嬉しそうでした。

ただ、やはり少しボーッとしているのか時間の感覚がイマイチで、話が分かりにくいところがありました。

それでも、しばらく話をしていると徐々に意識もはっきりしてきたようで、元気も出てきました。

この日はリハビリはなく、タオル折りをしたとのことでした。

そんなことを話しているうちに母は「思い出した」と言いました。

この日の朝食にパンが出たことを思い出し、おかずが足りなかったと不満を言っていました。

それでも「水浸しのお粥よりはるかにいい」と笑っていました。

この日は足のむくみもそれほどではなく、呼吸も息苦しそうな感じもないので体調は良さそうでした。

また、とりあえず排せつの悩みもないので、この頃としては珍しく不安を感じずに母と話ができました。

« 「トイレに行きたい」 | トップページ | 心配で施設に電話 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トイレに行きたい」 | トップページ | 心配で施設に電話 »

最近の写真