« 「私が一人で喋っていた」 | トップページ | 好きなものを好きなだけ »

2021年1月 4日 (月)

ゼリーの方が口に合う

2年前の2019年1月4日は金曜日、午後4時頃に面会に行くと母はいつもの位置にいました。

後ろから近づいて向かいの鏡に手を振ると気付いてくれました。

前日と同じ服を着ていたので、この日もお風呂はないようでした。

3が日が終わったので、リハビリがあったのではと尋ねると、リハビリはやったとの答え。

9階の面会室に行くと、日が長くなってきたので夕日がまだかなり上の方にあって、夕焼けを見るには少し時間がありました。

富士山も夕日に光ってしまって、眩しいだけで良く見えなくなっていました。

この日は朝から便通があり、お昼の後にも出たとのことでお腹も柔らかく、しばらく安心できそうでした。

リハビリは今年初めてで久しぶりなので、歩行は一往復だけだったそうですが、かなり緊張したようでした。

午前中にリハビリをして、午後はいつものようにお昼寝とのこと。

おやつに出たものが、あんこの入ったお菓子で、いつものゼリーの方が口に合うような話をしていました。

制限食が普通食に変わると、口に合わないものも出てくるようで、この辺りは難しいものがありました。

また、手の爪を切ってもらったことを嬉しそうに話してくれました。

この日はリハビリがあったためか、意識がより一層はっきりしている感じで、元気があり話もしっかりしていました。

« 「私が一人で喋っていた」 | トップページ | 好きなものを好きなだけ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私が一人で喋っていた」 | トップページ | 好きなものを好きなだけ »

最近の写真